防災・減災

災害調査でもドローンが活用されています

災害発生時は、迅速に被害状況の情報収集や捜索などが必要ですが、従来のヘリや航空機による対応では、時間・離着陸などの場所の確保が必要です。
ドローンは機体がある程度コンパクトですので、現場近くまで迅速に運び、情報収集や捜索などが可能です。

  • 災害時の被害状況、人命救助に 災害発生時は、洪水や道路の寸断により移動できない状況が発生します。
    ドローンは災害時の環境に左右されず、被害状況・人命救助に対応することが可能です。
    スポットライトやスピーカーなどを搭載可能なドローンもあり、状況に応じて対応することが可能です。
    現場状況を即座に確認できるため、自然災害時の被害を記した地図作成にも活用することが可能です。
  • 被災・遭難時に捜索が可能 ドローンは、ヘリコプターでは捜索が困難な場所(森林地帯、瓦礫地帯など)でも、サーモグラフィーカメラを活用して捜索することが可能です。
  • 救援物資の運搬も迅速に ドローンでは、道路などが寸断された状況で、緊急性の高い物資輸送も短時間で輸送することが可能です。
    有人機などでは離着陸が困難な場所でも迅速に輸送することが可能です。

お問い合わせはこちら